東京都豊島区西池袋3-25-11 CIC IKEBUKUROビル 6階

お問合せ:03-6907-3056

二重埋没法|豊島区西池袋の皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科

HOME医院紹介診療案内交通案内保険診療自費診療料金案内

二重埋没法

現在、募集はしておりません。


 

アットホームな雰囲気づくりを心掛け、皆様が気軽にご来院でき、信頼されるクリニックを目指しています。

モバイルサイト

HOME»  二重埋没法



 
二重埋没法

私自身の手術の中で最も多く行ってきた手術です。
この手術は糸を皮膚の下に埋め込み、二重のくせをつけるだけの手術です。単純な施術ですが、二重の高さ、皮膚の厚み、まぶたを持ち上げる力などしっかり見極め、よい位置を決め糸を通さなければよい結果は生まれません。
また、一般的な方法はまぶたの裏(結膜側)から糸を通すため、糸が露出する可能性があり、まれに角膜を傷つけることがあります。

眼窩脂肪・挙筋腱膜・瞼板・眼球

まぶたの断面図

当院の埋没法は
表(皮膚側)から糸を通します

一般的な埋没法は
裏(結膜側)から糸を通します

 

手術の流れ

  • 1. デザインは大変重要です。ここに一番時間をかけ刺入点をマークします。
  • 2. 点眼麻酔と皮膚の表側から局所麻酔をします。
  • 3. 手術中は角膜保護板(眼球を守る器具)を挿入します。
  • 4. マークしたポイントに針穴をあけ糸を通します。
  • 5. 両側終了し、起きた状態でラインを 確認していただき終了です。
  • 6. 手術後は局所を冷やしてからご帰宅となります。

    症例1
            
                            術前                                                                          3点をデザイン
          
                   術直後                                   術直後の閉瞼
      
                   8日目                                    8日目の閉瞼
  症例2(たるみをとる埋没法)
       
                    術前                                     デザイン                                    
       
                                        術直後

        
                                    1週後(お化粧あり)

       
                                       1か月後
  症例3(アイプチで皮膚の余りがある)
 

       
                                         術前

       
                                        術直後

       
                                         2日後
    
最後に

埋没法は切開法とくらべ腫れが少なく、やり直せることから 多くの方がまずこの手術から受けられます。
ただし、糸のみで皮膚を引き込んでいるため、

  • まぶたを強くこする習慣がある
  • まぶたがむくみやすい
  • もともと皮膚が余っている

などが原因で二重のラインが薄くなったり、消失する可能性があります。
2、3回までは埋没法でもよいかもしれませんが、なかなかしっかりしたくせがつきにくい場合は、切開法にしたほうがよいでしょう。