東京都豊島区西池袋3-25-11 CIC IKEBUKUROビル 6階

お問合せ:03-6907-3056

わきが・多汗症・爪疾患|豊島区西池袋の皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科

HOME医院紹介診療案内交通案内保険診療自費診療料金案内

わきが・多汗症・爪疾患

現在、募集はしておりません。


 

アットホームな雰囲気づくりを心掛け、皆様が気軽にご来院でき、信頼されるクリニックを目指しています。

モバイルサイト

HOME»  わきが・多汗症・爪疾患

わきが・多汗症

わきの汗は2種類あります

わきの皮膚にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺の2種類の汗腺があり、これら2種類の汗が混ざって汗を形成しています。
アポクリン汗腺は粘稠性が高く、脂質、タンパク質、鉄分などを含みます。この汗が皮膚の常在菌に分解されると低級脂肪酸になり、アンモニア、皮脂などとも混ざり独特の体臭を呈します。一方、エクリン汗腺は約99%が水分で、残りはNACLや尿素などでさらっとした汗を出します。
わきがは、アポクリン汗腺が発達しているため、においが強く、これが不快なにおいと感じられる場合に言います。汗じみ、黄ばみの原因にもなります。
発症には遺伝的背景(ご両親のどちらかがわきが)であることもあり、また、耳垢が湿っている可能性も高くなります。
多汗症の場合は、エクリン汗腺からの汗がメインなのでにおいは弱く、ただ汗の量が多い場合に言います。

治療法

①ボトックス注射
ただ、汗が多い場合はボトックス注射でよいでしょう。汗腺にいく神経伝達物質をブロックして、発汗を抑えます。
約半年ぐらい持続しますが、定期的な注射が必要になります。施術は約10分程度、汗の出る部分をマーキングして、その部分の皮膚に注射を打つだけです。費用は自費診療になります。両側で初回は54000円です。

②わきが手術
私自身、小さな切開からシェーバーを利用し取り除く方法と一般的な剪除法ともに数多くの手術を行ってきました。
確実性ではやはり剪除法だと考えます。約4㎝前後の切開からアポクリン汗腺をしっかり取り除きます。術中の止血もしっかり行うことができ、タイオーバー固定(ガーゼや化繊綿による圧迫固定)をして、できるだけ術後の血腫ができないようにしています。

この手術は保険適応で可能ですので、両側でも自己負担(3割の場合)で約4万円弱になります。


爪疾患

陥入爪

陥入爪は爪甲が広いため、外側の皮膚に爪の角がくい込み、爪周囲炎や肉芽(赤くじくじくしたふくらみ)を形成し、痛みを伴います。足趾特に第1趾に多く見られます。

治療法としては保存的(抗生物質、消炎鎮痛剤の内服)な方法では治癒が難しいことが多いので、フェノール法による根治手術が必要になります。

フェノール法
  • 1.足趾の神経ブロック(付け根のところで麻酔)をします。
  • 2.ゴムバンドで駆血
  • 3.陥入した爪甲部分だけ爪を剥離し、爪根部まで縦切します。
  • 4.切ったところだけ爪を抜去し、爪母(根元にあり、爪をつくるところ)にフェノールを5分間、綿棒で塗布し、腐食させます。
  • 5.フェノールをふき取り、駆血帯を外し圧迫固定して終了。

術後は2、3週間ほど、浸出液があるので自己処置をしていただきます。

この方法により少しだけ爪が狭くなりますが、再発(外側の爪の再生)がなければくい込まなくなります。ただし、その後も先の狭い靴を履く、深爪に気を付ける必要はあります。

保険診療で行いますので費用の目安としては1趾で
初診料282点、陥入爪手術(簡単なもの)1400点これに、麻酔、軟膏、飲み薬が加わり、3割負担で約1万円以内でおさまります。

巻き爪

巻き爪とは爪が巻いた状態のことをいいます。軽度のものからトランペットの中央の管のようにくるっと一周巻いているものまであります。

治療法として超弾性ワイヤー(弾性が強く、曲げてもすぐに戻る)を用いた治療を行っています。
伸びた爪の両側に針で穴をあけ、ワイヤーを通すだけなので、麻酔も必要なく痛みもありません。
1~2ヵ月に一度ワイヤーを入れ替えますが、どれぐらいで治癒するかは個人差があります。
費用は1趾で10800円、2趾で16200円、入れ替えは1趾3240円になります。

左第1趾巻き爪
左第1趾巻き爪
超弾性ワイヤー挿入
超弾性ワイヤー挿入
 

爪白癬(爪水虫)

爪白癬は白癬菌が爪におこり入り込み、爪が白く濁ったり、肥厚した状態となります。痛みは特にないので、放置されている方も多いようですが、そして、自然に治る事もありません。放置すると肥厚し、変形した爪が靴にあたり痛みを伴うこともあります。更には、同居している家族や周りの人にうつしてしまったり、爪白癬が足の水虫に移行する場合もありますので早期に治療する事が重要です。

爪白癬(爪水虫)爪白癬(爪水虫)

治療法

一般的には市販で抗真菌薬の外用がありますが、塗るだけで爪白癬が治ることはほとんどありません。
治療の第一選択は内服薬。病巣が爪の奥に存在するため外用薬では有効成分が浸透しません。
治療期間は3ヵ月から1年ほどにわたりますが根気よく治療をお受けください。
また、肝機能障害の副作用や併用禁忌の薬剤もあるので服用中の薬があれば必ずお伝えください。

治療の流れ
  • 1.必要に応じて血液検査をします。
  • 2.内服薬を処方
    イトラコナゾール(イトリゾール®)のパルス療法
    1クール
     ① イトリゾール(50mg)8C2×7日間 朝・夕食後 (4カプセルを1日2回飲みます)
     ② 3週間休み
    上記を3~4クール

そのほかの爪白癬治療

ロングパルスYAGレーザー(ジェネシス)によるLaser Re:Nail
爪水虫(爪白癬)の治療には内服薬(抗真菌薬)が一般的です。内服薬での治療は長期間(約3ヵ月~1年ほど)にわたり、その服用方法や服用中の血液検査など、細かい取り決めがあります。また肝機能障害等の重篤な副作用の危険性や、現在使用中の薬によっては抗真菌薬との併用ができないなどのケースもあります。

Laser Re:Nail とは?
皮膚に対して深達度の高いレーザーを爪とその周囲の皮膚に照射する事で病巣のある部位の症状を改善する治療のことです。1ヵ月に1回、計4回ほど白癬菌に罹患した爪と爪周囲にレーザーを照射するだけです。治療後、患者様の症状等によりますが、約1年かけて健康な爪に徐々に生え変わります。レーザーによる爪水虫(爪白癬)の治療は、定期的な血液検査の必要はありません。治療の時間は10~20分と短く、治療時の麻酔も必要のない安全性の高い治療になります。

Laser Re:Nail

Laser Re:Nail に適している患者様

  • 治療を直ぐ開始したい
  • 過去に抗真菌剤の内服薬や外用薬等による爪白癬治療で効果が無かった
  • 抗真菌剤の内服薬の使用に抵抗がある
  • 肝機能障害等の重篤な副作用により抗真菌剤の内服薬による継続治療が困難

費用は自費治療となりますが、1趾5400円、2趾10800円、3趾16200円、4~10趾21600円で行っています。